Here is D-Maddevil's Place for PlayStation

PlayStationハードやゲームに関する情報・説明、ゲームプレイの感想等を個人的な視点から綴って臨時的に投稿しています。

【予約完了】4K/HDRじゃなくても得られるPlayStation 4 ProのメリットЯ!R & 今後の予定についてЯ


スポンサードリンク
こんにちはЯ!R
 
8月に購入したラチェット & クランク THE GAMEの感想を記事にしようかなと考えていた矢先、9月8日のPlayStation Meetingで11月10日にハイエンドモデルのPlayStation 4 Proが発売されることが発表されたので今回はこちらについての記事にしたいと思いますЯ

 


まず単刀直入に、PS Meetingでは4K/HDR推しの発表だったPS4 Proですが、これは4Kテレビを持ってないと意味がないのではЯ?R
と考える人も多いようですが、そういう訳では無いようですЯ
 
 
今回の発表では4K、HDRHDTVPlayStation VRという大きく分けて4つのメリットがあるということが発表されましたが、このうち4KとHDRについては自分は対応ディスプレイを持っていないので今回の記事では省きますЯwR
 
さて、ほとんどの人がProへ望んでいるメリットとしてはやはりHDTV(1080p)とPSVRでのメリットではないでしょうかЯ
 
まずフルHDまでのHDTVでのメリットですが、こちらにも複数メリットが用意されているようですЯ!R
 
まず1つ目はこちら
 
フルハイビジョンテレビをお持ちのユーザーの皆様も、PS4®ProがPS4®の全てのゲームを1080pで出力し、一部の対応タイトルにおいては、より安定した高速なフレームレートで出力することで、一段とゲーム体験が向上いたします。
 
こちらに関してですが、これは主に現在発売済みのPS4タイトルでの標準的なメリットですねЯ
 
現在発売のゲームでは標準PS4で1080p/60fpsで動作するゲームも多い中、グラフィックのクオリティがかなりハイレベルであったりオープンワールド等の高い処理能力が必要なゲームに関してはフレームレートが目標値よりも落ちてしまったり解像度が900pになったりするものもありますЯ
 
そういったゲームでフレームレート低下等の処理落ちがしにくくなるというメリットがあるということだと思われますЯ
 
 
そして購入予定のソフト ライズ オブ ザ トゥームレイダーでも早速PS4 Pro用のグラフィックモードが発表されていますЯ
 
Crystal Dynamicsの報告によると、“Rise of the Tomb Raider”をPS4 Pro上で動作させる場合、4K解像度/30fpsの4Kモードと、1080pでフレームレートのキャップを解除する高フレームレートモード(45~60fps動作)、1080p/30fpsでよりリアリスティックなビジュアルを実現する“Enriched Visuals”モードが選択可能とのこと。なお、“Enriched Visuals”の具体的な改善項目は提示されておらず、続報が待たれる状況となっています。
 
こちらによると「4K解像度」「高いフレームレート」「グラフィック強化」この3つのうちのどれかを選択出来るということみたいですЯoR
 
標準PS4でのクオリティが1080p/30fpsでの標準グラフィックだとすると、フレームレートを高くするモードではその標準グラフィックのまま45~60fpsの高いフレームレートでプレイ出来るということでしょうЯ!R
 
そしてグラフィックを強化するモードでは1080p/30fpsのまま、テクスチャやライティング等のグラフィック要素が更に綺麗でハイクオリティになるということでしょうねЯoR
 
ようするにPC版でグラフィック設定をいじる感じに近いということだと思いますЯ
 
ライズ オブ ザ トゥームレイダーの場合ですが、3つのPro用設定のうち2つがHDTVでも得られるメリットになっている訳ですから、このゲームを買う人なら既に4KじゃなくてもメリットがあるということになりますねЯoR
 
 
こちらがRise of the Tomb Raider4K解像度スクリーンショットと動画になりますЯ
 
自分は24インチのフルHDディスプレイを使っているのですがそれで見ても凄く綺麗に見えますЯ!R
 
しかしフルHDのままグラフィックを強化するEnriched Visualsモードならここから更にグラフィックに磨きが掛かるということになりますねЯoR
 
 
まあこちらはあくまでもライズ オブ ザ トゥームレイダーの場合の例になりますЯ
 
処理落ちを防ぐ程度のメリット以外にこういったグラフィック設定が追加されるメリットを受けるにはゲーム側で対応してもらう必要がありますЯ
 
SIEのファーストパーティのゲームではこういったPro用の設定が追加されることが今後必須になっているようですが、サードパーティのゲームに関してはその開発会社次第ということになりますねЯ
 
しかしサードパーティーのゲームといえどここ最近の大型タイトルはほとんどPCとのマルチプラットフォームで展開されていますよねЯ
 
そういったゲームのPC版の最高設定のクオリティが標準PS4でのクオリティよりもハイレベルである限り、そういったゲームではトゥームレイダーのようにPS4 Pro用のグラフィック設定が追加されることが予想出来ますЯ (あくまでも個人の予測です)
 
実際、BF1やCall of Dutyシリーズをはじめとする多数のサードパーティーのタイトルの対応が決まっているみたいですЯ
 
 
そして次はPlayStation VRでのメリットについて
PSVR専用タイトルであるFarpointですが、こちらも対応が決定しているようですЯ
 
PS Meetingではピクセル描画が2倍になるという情報がありましたが、PSVRのゲームにおいてもゲーム側での対応が必要なようですЯ
 
対応していないソフトに関しても負荷の減少によって解像度やフレームレートが上がる可能性も見込めますが、そこまで明確な変化はないとのことЯ
 
しかし上の画像で見てわかるように、Farpointは他のPSVRのゲームと比べてもかなりグラフィックのレベルが高いものだと思うので、こういうハイクオリティなグラフィックのゲームではPSVRの方でも高いグラフィックを実現するPS4 Pro用のモードが用意されると思われますЯ
PSVRでガッツリこういうハイレベルなグラフィックのゲームをやりたいという人にはPS4 Proで充分なメリットがあると思いますねЯ
 
 
 
 
来年発売のBIOHAZARD 7 resident evil等の対応ソフトも画像を見たところではかなりのハイクオリティなグラフィックのようなので、多分Proでのメリットがあるのではないかと考えていますЯ!R
 
 
そして、PS4 Proではシェア機能のクオリティ強化も行われていますЯ!R
 
現行のPS4ではリモートプレイ、シェアプレイ、ブロードキャスト配信はいずれも720p/60fpsが上限ですが、これが1080p/60fpsまで上限が上がるようになるということみたいですЯ!R
 
つまりこれはリモートプレイもシェアプレイもブロードキャストもフルHDで見た実機のクオリティとほぼ同等の画質で配信出来るということですねЯoR
 
PS4にシェア機能が搭載された時点で当時はこれらは夢のような機能だと思っていたのですが、PS4 Proなら更にその上の夢も叶えてくれそうですЯwR
 
更に、60分前までさかのぼって録画出来るビデオクリップ機能も30fpsが上限なのは変わらないとはいえ1080pでの録画も可能になるようですЯ!R
 
標準PS4では1080pでのスクリーンショットが可能ですがProでは4K解像度でのスクリーンショットも可能になるとのことЯ
(まあこれはあまり自分には関係ないЯwR)
 
シェア機能やリモートプレイに関してまとめると、標準で出来る機能の上限解像度のうち1080pが4Kに、720pが1080pに置き換わるということですねЯoR
 
シェア機能を多用するユーザーにも買い替えのメリットがあるということですねЯ
 
 
まああくまでもPS4 Proで強化されるのは主に「映像のクオリティ」ですから、それ以外に使える機能、ネットワーク、ソフトウェアは標準PS4と何ら変わらないということですねЯ
 
まだPS4を持っていない人がこれから買うのには廉価版の薄型PS4でまずPS4の世界を体感するべきだと思いますし、既存のユーザーも現在の映像クオリティに満足しているなら買い替える必要はないかと思いますЯ
 
しかしPS4 Proを買うべきユーザーはあくまでも「4Kを求める」ユーザーではなく「更なる映像クオリティ」を求めるユーザーということになると思いますЯ!R
 
これから映像クオリティの高い大型タイトルを買うつもりで、そのゲームの映像クオリティを標準以上に充分堪能したいPSVRでハイレベルなグラフィックのゲームをガッツリ遊びたいシェア機能でもっと綺麗な画質の映像を発信したい
このどれか、もしくは複数に当てはまるユーザーなら買い替えるべきなんじゃないかなと思っていますЯ!R
 
PS4 Proに関してはこちらにももっと詳細にまとめています
 
 
 
 
 
まあ自分も発表から1日ぐらい、いろいろ考えたのですが、これからライズ オブ ザ トゥームレイダーを買う予定もありますし、PSVRでバイオ7をガッツリやりたいなというのもありますし、シェア機能の強化も自分にとってかなり大きなものですЯ
 
ということで
 
即金予約完了しましたЯwR
 
来月発売のPSVRと合わせると約\100,000の出費になりましたЯ・R
 
こんな短期間でゲームハードにこんなにお金を使ったのは人生初でしたЯwR
 
そして今回の出費に伴い、今後の予定も変更にЯ・R
 
とりあえずPSVR発売日にPlayStation VR WORLDSを買うまではゲームを買わないことと、ライズ オブ ザ トゥームレイダーPS4 Proと同時に買うことにしましたЯ!R
 
なので前の記事で書かせて頂いたFF15は発売日には買えないかもЯ・R
 
ということになりましたЯwR
 
まあそのFF15PS4 Proで更にハイクオリティになるようですが、スケジュール的にもトゥームレイダーで忙しいと思いますし、来年1月にはバイオ7もあるので、とりあえずFF15の購入は未定ということにしましたЯ
 
正直前からPS4 NEOという名称でハイエンド版PS4の噂がそこらじゅうで出回っていたので出ることは覚悟していましたが、まさか11月になるなんてっていう感じはありますЯwR
 
半年後ぐらいかと思っていましたが、今回は予想外に早い時期に発売になりましたねЯwR
 
 
ではとりあえず今後の予定をまとめると
 
10月13日PlayStation VR受取&PlayStation VR WORLDS購入
 
11月10日PlayStation 4 Pro受取&ライズ オブ ザ トゥームレイダー購入
 
2017年1月26日BIOHAZARD 7 resident evil購入
 
 
今はこんなところを予定していますЯwR
 
それではЯ!R

↓よかったらブログ村1ポチお願いしますЯuR
 
 
 
※宜しければYouTubeチャンネルの動画視聴及びTwitterアカウントのフォローも是非ともお願いしますЯ!R
Twitterではゲーム以外のことに関しても投稿することもありますЯ