Here is D-Mad devil's Place for PlayStation

PlayStationハードやゲームに関する情報・説明、ゲームプレイの感想等を個人的な視点から綴って臨時的に投稿しています。

【E3 2018】バイオハザード2 リメイク版の開発状況とゲームスタイル、いつ発表・発売されるのか等について真剣に推察!今年のE3のPS4関連の発表を大予想!【大妄想】


スポンサードリンク

本記事を見て頂きありがとうございます。

6月12日に正式発表されたバイオハザード RE: 2に関しての情報や考えを書かせて頂きましたので宜しければこちらの記事をご覧ください↓

d-maddevil.hatenablog.com

 

 

2018年のE3開催までもう1ヶ月を既に切りましたが、ゲームファンなら毎年楽しみとドキドキがある時期なのではないかと思いますЯ

そこで、今自分が推測していることを中心に今回の記事を書いていこうと思いますЯ!R

例年、こういったゲームの発表に関する自分の推測や考察はいつも斜め上や下を行き過ぎてだいたい外れるので、この記事は個人の単なる屁理屈・妄想だと思って読んで頂けたらと思いますЯwR

ただ、バイオハザード2のリメイク版に関しては根拠のある真剣な考察をしているので、バイオ2のリメイクの開発状況等が気になる方はバイオ2 リメイクに関する章だけ見て頂けたらと思いますЯoR

E3(Electronic Entertainment Expo)について

 Entertainment Software Associationが主催する世界最大のコンピューターゲーム関連の見本市ということで、Gamescomや東京ゲームショウ以上に規模が大きいゲームイベントですねЯoR

このイベントでの発表が一年の新作発表の中で最も楽しみだというゲームファンも少なくはないと思いますЯ!R

 

現地へ行けない人からすると本イベント開催前のプレスカンファレンスでの新作発表や発表済みタイトルの続報・新情報が全てだという人も多いと思いますねЯ


スポンサードリンク
 

今までの振返り

初回開催は1995年からやっているみたいですが、自分がこのイベントのストリーミング配信をリアルタイムで見るほど強く意識したのは2015年頃からでしたЯ

 2015年

この年、偶然YouTubeのストリーミングでPlayStationのプレスカンファレンスを観てリアルタイムでの発表映像を見ることに強く興味を惹かれましたЯ!R

www.youtube.com

FINAL FANTASY VIIのリメイクの制作発表で会場の観客が湧き上がっていたことが大きく印象に残っていますが、自分としてはアンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝のド派手なリアルタイムゲームプレイ映像が流れたことが最も印象的ですЯoR

2016年

最近のPlayStationのカンファレンスの中では最も印象に残っている年でしたЯ!R

www.youtube.com

初っ端からクレイトスが現れフルモデルチェンジしたGod of Warが発表され、何と言ってもその後こちらもフルモデルチェンジしたバイオハザード 7 レジデント イービルの電撃発表がもう忘れられませんねЯoR

フルモデルチェンジだけではなくPlayStation VR完全対応という衝撃的な挑戦を引っ提げて発表されましたねЯ

その他にも沢山のPSVRタイトル、そしてPSVRの価格や発売日に関する発表等もあり、自分が今のPlayStation VR推進派になる全ての元凶とも言えるカンファレンスでしたЯwR

 

とにかく衝撃がいっぱいで個人的にはこの年を超えられるカンファレンスが今後あるのかというぐらいですЯ!R

2017年

去年ですねЯ

もうすぐ一年なんて早いなぁって感じですが

www.youtube.com

新作発表で印象的なのはやはりモンスターハンター ワールドでしたねЯ!R

長らく新作がPlayStationハードで出てなかったのでモンハンファンには衝撃的だったのではないでしょうかЯ

それ以外は2016年に発表されたタイトルの続報や新情報が多い印象で、自分の中では2016年のカンファレンスの延長線上の発表という位置付けですЯ

個人的には全く問題無かったのですが、発表済みタイトルの続報が多かっただけに「あのシリーズの新作発表はないのか...?」って声も周りからは結構聞きましたЯ


スポンサードリンク
 

PlayStation関連の発表を予想

 さて、ここから本題に入っていきたいところですが主にPS4PSVR等のPlayStation関連のハードに出そうなソフトの発表がありそうなプレスカンファレンスに対する自分の予想・推測・考察をここから書いていきたいと思いますЯ

EA (Electronic Arts)

www.youtube.com

www.twitch.tv

 ではまずEAからですが、日本時間では6月10日(日)午前3時からプレスカンファレンスがストリーム配信予定のようですЯ

 EAと言えばBattlefieldシリーズやStar Wars Battlefrontシリーズ等のマルチプレイ主体のFPS系が有名ですよねЯ

BFシリーズはBF1を最後に今のところ新作は2016年から出ていない状態なのでナンバリングとまではいかなくてもBFH (バトルフィールド ハードライン)のような非ナンバリングの新作が発表される可能性も無くはないのではないでしょうかねЯ

って書こうとしていたのですが、この記事を書いている間にE3の前にBattlefield Vが正式発表されてしまいましたЯwR

まさかナンバリングタイトルがこのタイミングで発表されるとはЯ!R

BFVの詳細情報や映像が中心になるのかなと思いますЯ

 

こんなことを書いてしまうと失礼にあたるかもしれないですが個人的にEAのゲームはBFシリーズ等以外は馴染みが薄いのでそれぐらいしか妄想することが出来ませんЯwR

しかしFIFAシリーズNFSシリーズ等、沢山シリーズ物が続いているので今年も安定的にシリーズ物は発表されるのではないでしょうかЯ

興味の惹かれる新シリーズの発表があることを個人的には願っていますЯ!R

Bethesda Softworks (ベセスダ・ソフトワークス)

www.youtube.com

www.twitch.tv

ベセスダ・ソフトワークスDishonoredシリーズ、Wolfensteinシリーズ、DOOM等、好きなシリーズやゲームが複数あるパブリッシャーなので今年も注目していますЯ!R

プレスカンファレンスは日本時間6月11日(月)午前10時30分となっているようですねЯ

 

去年はスカイリムVRDOOM VFRが発表されてとても嬉しかったですし、結果的にスカイリムVRPSVRの名作の一つとして名を連ねることになったので今年も何らかのVRタイトルを期待していますЯ!R

また、去年はサイコブレイクのようなシリーズ化が待望されていたゲームの続編も発表されていましたねЯ!R

 

最近ベセスダはシリーズタイトルのVR化に積極的な傾向があると思うので今年もVRゲームが出るか出ないかばかり気にしてしまいますЯwR

まだPCでしか出てないFallout 4 VRPSVR移植に期待したいなと思ってたり、DOOM VFRの続編が出ないかなとかも妄想してたりしますЯwR

そしてサイコブレイクVR化、Dishonored (ディスオナード)のVRも出て欲しいなぁなんてことも考えていて、もし当たったら大喜びしますЯ!R

どちらもPS4においてフレームレートが30fps基準のゲームであり、同じエンジンを使ってVR化をするには厳しい状況だと思うのでまあ現実的には厳しいでしょうЯ・R

しかしサイコブレイク 2が主観視点に後から対応してたりするのを見ているとどうしてもVRにして欲しいという思いが込み上げてしまいますЯwR

 

jp.ign.com

また、Dishonoredは2016年に一度VR化検討の記事が出たりもしていますねЯ

Dishonoredは個人的にVR化して欲しいシリーズナンバー1と言っても過言ではないのでどうにかお願い出来ませんかねぇЯwR

しかしArkane Studioのゲームは最適化があまり得意ではないのか、グラフィックに対するパフォーマンスが充分に出ていない印象を持っているのでPSVR対応にするにはこちらも現実的には厳しいのではないかと同時に思っていますЯ

開発会社を別のスタジオと共同開発にしてどうにか出来ないかとも考えてますねЯ

ベセスダにはPS4で30fps基準だったオープンワールドRPGスカイリムをVR化出来るスタジオを抱えているのでDishonoredVR化、そしてバイオハザードに負けず出来ればサイコブレイクVR化もして欲しいなぁなんて考えてますЯ

 

とにかく今年も何かVRタイトルの発表があれば良いなと思っていますЯ


スポンサードリンク
 

スクウェア・エニックス

www.youtube.com

www.twitch.tv

有名人気シリーズを多数抱えている日本国内メーカー/パブリッシャーのスクエニですがプレスカンファレンスの日程は日本時間6月12日(火)午前2時のようですЯ

 

とても有名ではありますが自分はゲームファンでありながらその人気シリーズをあまりやったことがないという感じですЯ

FF15VR釣りゲームとかはプレイしていましたが、実はモニター向けのFFシリーズ、キングダムハーツシリーズドラゴンクエストシリーズ等の人気シリーズはほとんどやったことないのですよЯwR

 

しかし世界へのその影響力、知名度は充分に認知していますのでこちらも注目の的だと思っていますЯ!R

制作発表済みのFF7のリメイクキングダムハーツ3の続報が気になっている人も多いと思いますしЯ

しかしここで更に新タイトルを発表するのが一流パブリッシャーですよねЯ!R

何らかのシリーズの新タイトルが1つ以上は来るのではЯ?R

 

スクエニは2013年からのトゥームレイダーシリーズのパブリッシャーにもなっているので先日発表されたShadow of the Tomb Raiderの続報にも期待していますЯ!R

前作もVR対応モードとかあったので、今作もそういうモードがあれば良いなと思ってますねЯ

 

ベセスダほどじゃないですがスクエニから出るゲームもFF15といいトゥームレイダーといいVR化をそこそこやってくれているので今年も何か1作ぐらいはVR化されるものが発表されると良いなと思いますЯ(結局これが言いたかっただけЯwR)

UBISOFT

www.youtube.com

www.twitch.tv

UBISOFT(ユービーアイソフト)、こちらも人気シリーズを沢山リリースしているパブリッシャーですねЯ!R

プレスカンファレンスの日程は日本時間6月12日(火)午前5時のようですがこちらは正直そこまで衝撃的な発表は無いのではないかと思っていますЯ(あくまでも個人的な衝撃という意味で)

大目玉のPlayStationカンファレンスに近い日程での開催ですし、比較的安定したシリーズ作の発表とかがあるかも?って感じかなとЯ

 

アサシンクリードシリーズは超大作と言われるオリジンズが去年リリースされたばっかりなので今年はとてつもない大規模の新作は発表されることはないのではないでしょうかЯ

しかしオリジンズよりはプロジェクト規模が少し小さいアサクリの新作、もしくは1作目のPS4/Xbox One/Switch版のリマスターリリースが発表される可能性はあるかなと考えていますЯ

最近、PS3/Xbox 360でしか出てなかったローグのPS4/Xbox Oneリマスターも出たのでそろそろPS4/Xbox One世代のハード向けにまだ出ていないシリーズ1作目の移植も来るのではЯ?R

 

Far Cryシリーズも新作の5が最近出たばかりですし、想像力の乏しい自分としての妄想は今のところアサクリの移植、アサクリの比較的小規模な新作、あとは既存タイトルの新DLCとかが発表されるかも?って感じですかねЯ

UBIはトラックマニア等VR対応ゲームのクオリティも高いですが大作のVR化はまだ無いと思うので今回も多分無いのかなと思いますЯ

そこで予想を裏切ってFar CryVR化とか来てくれたら良いんですけど(主観視点ゲームをどうしてもVRでやりたい病ЯwR)

Sony Interactive Entertainment (ソニーインタラクティブエンターテインメント)

www.youtube.com

www.twitch.tv

さあ大目玉のPlayStation E3 2018 Media ShowcaseですЯoR

自分と同じくPS4PSVRユーザーの方はこれが待ち遠しいって人も多いですよねЯ!R

 

一応今のところSIEの既存発表タイトルの続報の発表が決定しているのは

・ノーティードッグの"The Last of Us Part II"

・KOJIMA PRODUCTIONSの"Death Stranding"

・Sucker Punch Productionsの"Ghost of Tsushima"

Bend Studioの"Days Gone"

・Media Moleculeの"Dreams" (VR対応)

等がありますねЯ

 

2016年に発表されたGod of War、Detroit Become Human、Marvel's Spider-Man等、SIEワールドワイドスタジオの大作タイトルはもう今年出たもしくは出ることになっていますし、2017年ではこれらの続報が中心だったのでここからまた驚きの未発表新作タイトルに期待したいところですЯoR

個人的には最近なんとなくですがSIE JAPAN Studioが怪しいぞ!?って思ってたりするので、もしJスタから新作発表されれば大喜びですЯ!R

 

そして、SIEのカンファレンスですからやはりPlayStation VRの新作にも期待したいところですЯ!R

 あのVR FPSの名作 Farpointを開発したスタジオであるImpulse GearAAA級のVRタイトルの開発をしているそうなのでもしかしたらこれの発表も来るかも!?と思っていますЯoR

まあまだスタッフ募集段階だとは思いますが、もし既に作り始めているゲームの開発体制を拡張するために募集していたなら何のタイトルかの発表ぐらいはある可能性もあるのでは?と思いますЯ!R

 

とにかくVRゲームでも通常ゲームでも、SIEワールドワイドスタジオによる新作には期待していますЯ!R

あとは発表済みのVR専用FPS Firewall Zero HourVRシューティング Blood & Truthの発売日発表にも期待したいですЯoR

 

そしてSIEのカンファレンスで発表されるのはSIEタイトルだけではないですよねЯ

2016年はバイオハザード7、2017年はモンスターハンターワールドとカプコンからの新作発表が続いていますЯ!R

www.inside-games.jp

カプコンは来年3月までに大型タイトルを2作リリースすると発表しているのでそれの発表が来るのは恐らくこのカンファレンスでは?と思っていますЯ

その2作とはバイオハザード2のリメイク版とDevil May Cryのナンバリング5作目ではないかと言っている人もいますねЯ

2作一気に発表なるか!?ってところですが、発表に期待したいですЯ!R

ここで発表となるとバイオ7のようにVR機能を独占、モンハンワールドのように日本語版を一定期間独占といったようなSIEによる何らかの独占要素があるということになりそうですが、どうなんでしょうЯ

もしデビルメイクライ5が来るとすればREエンジンでの開発なのか?とかいろいろ気になりますが、個人的に一番気になるのはバイオ2 リメイクですЯ!R

バイオ2 リメイクに関しては次の章で真剣に推測していますので後述しますЯ!R

 

また、最近PlayStation 5 (PS5)の噂も結構出回ってたりしますよねЯ

PS Nowのようなクラウドゲーミングの拡張やらVRの拡張やら・・・まあそれはそれとして、基本的にSIEの次世代ゲーム機の発表ってE3とかではなくて年始めあたりに独自にカンファレンスを開いて発表してきていると思うので今回のE3で次世代機の発表はないと思いますЯ

PS4の期待作もまだまだ残した状態ですしЯ

ただ、PS4の革新的な新機能・新サービスの発表、本体の価格改定・マイナーチェンジ版新型PS4の発表とかはもしかしたらあるかも?って感じですかねЯ

 

とにかくSIEワールドワイドスタジオの新作やVRの新作!続報!カプコンの新作超大作の発表!どれか来てくれ!って感じですねЯoR


スポンサードリンク
 

リメイク版 BIOHAZARD 2について推察

さて、ここからは根拠のある真剣な推察になりますЯ!R

当たるとは限りませんけどねЯwR

2015年に制作発表されたリメイク版 バイオ2

 

www.youtube.com

2015年にフルリメイク版を作ります!とだけ宣言され、それ以降音沙汰のないバイオ2ですが

本当に作ってるの!?

中止になったのでは?

いつ出すの?

作ってるなら少しぐらい情報や映像出してよ!!

等というような声が国内外のインターネットを中心に飛び交ってますねЯwR

 

自分の考えとして結論から言うと普通に作っていると思いますЯ!R

バイオ7で誕生したREエンジンを使って開発中

www.4gamer.net

バイオ7発売直前の2016年末に掲載されたバイオハザード7 エグゼクティブ・プロデューサー 竹内潤氏へのインタビュー記事において「海外では発表済みの次回作もRE ENGINEで開発していますよ。」といった発言がありましたЯ

バイオ2 リメイクの制作発表がアップされたのは海外のYouTubeチャンネルですし、現時点でも作ることを発表している7以降のバイオハザードは2のリメイクしかない訳ですからバイオ2 リメイクのことで間違いありませんねЯ!R

同時にバイオ2のリメイクが7の次回作という位置付けであるということも明らかになりましたЯ!R

 

そして、REエンジン (RE ENGINE)は2014年初頭から本格的に開発が始まったバイオハザード7の開発に伴って作られた新エンジンですЯ

フォトリアルなグラフィックでPS4において1080p/60fpsを安定させるといった高いパフォーマンスと高い開発効率を誇るカプコンの内製エンジンですねЯoR

昨年のCEDECでも賞を受賞していましたЯ!R

 

また、タイトル名を隠して展示されたバイオ7のVRデモであるKITCHENがお披露目された時期もバイオ2リメイク制作宣言動画がアップされた2015年夏と被りますよねЯ!R

つまりこの時期にREエンジンが完成して動作が安定した頃なのではないでしょうかЯ

「こんなに開発効率の良いエンジンが完成したぞ!7の次にはこのエンジンで2のリメイクを作ろう!」ということで制作発表をしたのではないかと思っていますЯ!R

実際はこんな「よし作ろう!」ではなくて我々プレイヤーの想像にも及ばない程慎重な話し合いが行われた上での制作決定でしょうけどねЯ

実は2016年から公開されているREエンジンのラクーンシティ

「そんな口ばっかで信用出来るかよ!」って人もやはりいらっしゃるのでは?ЯwR

ではご覧下さい、REエンジンで作られたラクーンシティレオン・S・ケネディですЯ!R↓ (ゾンビもいます)

f:id:d-maddevil:20180516221957j:plain

f:id:d-maddevil:20180527175741j:plain

f:id:d-maddevil:20180527182008j:plain

f:id:d-maddevil:20180527182020j:plain

 

2に登場しないはずのネメシスも!?

f:id:d-maddevil:20180516222013j:plain

リークや不正入手画像等ではありませんよ、PS4のシェア機能で撮影された画像ですЯ!R

ネメシスに捕らえられてるのはL'Arc〜en〜CielのHydeさんですЯwR

store.playstation.com

こちらは2016年秋に配信開始されたVRコンテンツ、Don't be Afraid –Biohazard×L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR-スクリーンショットにですЯ!R

実写版映画6作目のバイオハザード ザ・ファイナルの主題歌でもあるラルクアンシエル楽曲Don't be AfraidとバイオハザードのコラボVRPVとなっており、PSVRで360°の3DVR動画が観れるコンテンツになっていますЯ(この事自体は知ってる方も多いと思います)

内容はバイオハザード 2や3の舞台であるラクーンシティラルクのメンバーの3Dモデルが登場して彼らがゾンビと戦うといったものであり、フォトリアルなクオリティのラクーンシティ、ゾンビ、バイオ2のレオンが登場する数分間のVR動画コンテンツになっていますЯ!R

www.musicman-net.com

そしてこちらのコンテンツの作成に使われたのもREエンジンなのですЯoR

つまりバイオ2のリメイク版を開発しているものと同じエンジンで作られたラクーンシティ、ゾンビ、レオン等が登場しているのですЯ!R

ということは、これは開発中のバイオ2 リメイクの素材を使って作られたコンテンツである可能性が高いと思いますЯoR

仮にバイオ2 リメイクを作っていないのだとすれば、人気バンドとのコラボとはいえ数分間のMVのためにここまで細かくラクーンシティやゾンビ、レオン等のモデルをREエンジンで作るでしょうかЯ?R

2016年時点でバイオ2のリメイク版の開発がきちんと進行していたからこそここまでの物をパッとVR映像として出せたのではないでしょうかねЯ

どちらにしろバイオ2の舞台であるラクーンシティ主役キャラの1人であるレオン・S・ケネディ敵であるゾンビのCGモデルが2016年時点でREエンジンで作られていたのは事実ということになりますよねЯ!R

 

そしてバイオ3の敵であるネメシスまで作られているのでもしかしたら3もリメイクしている可能性、もしくは2のリメイクに何らかの形でネメシスが出てくる可能性もあるのでは?と思っていますЯ

2016年時点でVRユーザー限定とはいえここまでの物が見れていたということなので自分としてはバイオ2のリメイク版の開発状況に関して心配したことはありませんねЯ


スポンサードリンク
 

カプコンのスタッフによる発信と開発スタッフの流れ

 

ここ最近、カプコン第一開発部の公式Twitterにてバイオ7を担当したスタッフとバイオ2 リメイクの制作発表をした平林プロデューサーが一緒にいる画像がちょくちょく投稿されていますЯ!R

バイオ2 リメイクを担当しているであろう平林プロデューサーが写っている投稿が多いですが、バイオ7のプロデューサーを担当した竹内さんと一緒に写っていたり、同じくプロデューサーの川田さん、神田さんとの画像もありますねЯ!R

ツイートには「自分たちは今確実にゲームを開発している」といったような内容も書かれていますЯoR

 

また、バイオ2のリメイクの前作という位置付けにあたるバイオ7の発売後に開発され、リリースされた同作のDLC外部の会社による開発であったり他の会社との共同開発で進められていましたЯ

hexadrive.jp

クリス・レッドフィールドを主人公とした無料DLCのNot A Heroは全般的にカプコンではなくヘキサドライブによる開発でしたЯ

制作事例|株式会社ケーツー|K2|ゲーム企画・開発

また、有料DLCのEnd of Zoeはカプコンの一部のスタッフとケーツーとの共同開発でしたЯ

DLCのエンドロールではカプコンのスタッフとケーツーのスタッフそれぞれ比較的少人数で作っていたことがわかりますЯ

ということはバイオ7が2017年1月に発売され、ある程度マーケット/ユーザーリサーチがまとまった後にカプコン第一開発部の多くのスタッフがバイオ2 リメイクのプロジェクトへ移行して開発が本格化したのではないでしょうかЯ?R

バイオ7発売前の2016年時点でラクーンシティ等のモデルが公開出来るレベルになっていたのですから、もしその後に開発が更に本格化したのだとすればかなり完成も近いのでは?と考えていますЯ!R

 

バイオ7やモンハンワールド等、最近のカプコンの傾向として大型タイトルの発表は発売の約半年前ぐらいに発表されていますよねЯ

www.inside-games.jp

なのでもし来年2019年3月までに発売するのだとすれば発表は今年のE3である可能性もあるのではないでしょうかЯ

E3で発表があってもなくても、2016年時点であれだけの物が完成していてそこから更にバイオ7での高い評価と利益があった訳ですから開発状況に関する心配は個人的にはほぼないですねЯ!R

(バイオ7の評価に関しては後述します)

 

個人的に今考えるべきはそこではないと思っていますЯ

どういったスタイルになるのか?FPSかTPSか?

やはり議論はゲームスタイルではないでしょうかЯ?R

www.capcom.co.jp

バイオ7のエグゼクティブ・プロデューサーであり第一開発統括の竹内潤氏は「バイオハザード2』のリメイクを発表していますが、『2』に触れたことのない若いゲームユーザーに、今の技術で作ったらこうなるんだぞというのを見せたいですね。『バイオハザード7』は大きくリニューアルしましたけど、ほかにも様々なアプローチでバイオハザードの世界を広げていきます。」と2016年に発言されていますЯ

更に「バイオハザード」や「モンスターハンター」が大きく展開できるタイミングでVRや新ハードが登場したことは、カプコンにとって大きなチャンスだと思います。市場の変化にいち早く対応し、新たな体験を生み出していくカプコンにこれからもぜひご期待ください。」との発言もЯ

今の技術と聞くとやはりVR対応のバイオ7のようなFPSスタイルになるのかなとも思えますが、ほかにも様々なアプローチで世界を広げていくとの発言もあるので従来のようなTPSスタイルを残すといったような発言にも取れてしまうような気がしますЯ

 

バイオ2 リメイクはバイオ7のようなVR対応のFPSスタイルになるのではないかなと思うと同時に、バイオ2には今ではかなり人気なキャラ達が沢山出てくるので自キャラを見ながらプレイ出来るTPSスタイルも残してくれ!っていうユーザーもまだまだいるのではないでしょうかЯ

個人的にはゲームデザインをTPSに合わせて作って同時にFPS視点(VR対応)でのプレイも可能にするというスタイルで作れば文句を言う人も少なくなりそうだとは思いますЯ

しかし誰もに好まれる物を作ろうとするのではなくどちらかに振り切らないと良い作品は作れないと7のディレクターである中西さんも仰っていたのでやはりどちらかに舵を切ることになるのではないかなとも思っていますねЯ

 

開発状況に関してはもう自分の中では勝手に解決しているのですが、ゲームスタイルに関しては本当にどうなるのか明確には予測が出来ませんЯ!R

仮にE3で発表するとして、そしてSIEのカンファレンスで発表するのだとしたら何らかのSIEによる独占要素があると思うのでそうするとやはり7の時のようにPSVR対応で発表する可能性もあるのではないでしょうかЯ

数々のVRゲーム関連の賞を2017年に受賞したバイオ7はVRユーザーの中ではもはやレジェンド的な高評価作品なので、その次回作という位置付けである2リメイクのVR対応に期待しているVRユーザーも多く見られる印象ですЯ!R

何よりVR対応機能やPS4での安定した1080p/60fpsパフォーマンスを掲げているREエンジンでの開発になるので、個人的な希望ですがVRに完全対応して欲しいと願っていますЯ!R (結局これЯwR)

VR対応で一本のソフトとして売り出すと7のように初期の価格は結構高くなってしまいそうなので、VR対応モードを追加DLCで3,000円~5,000円ぐらいで売ってくれても個人的には全く構わないですЯ!R

 

dengekionline.com

バイオ7の最終DLCのインタビューにおいてディレクターの中西さんは 『バイオ7』の発売後のユーザーリサーチデータがまとまってきているのですが、うれしかったのは、「『7』を遊ぶ前と、遊んだ後で、『バイオハザード』のブランドイメージが変わった?」という問いに対して、圧倒的に多くのユーザーが「イメージがよくなった。今後に期待できる」と言ってくれていることです。開発者としても、次に繋げられたことに安堵しています。そこはやりたかったことなので、成果が出て安心しています。

と答えてらっしゃいますЯ

バイオ4~6のスタイルからの大幅フルモデルチェンジということで賛否両輪なところもありましたが、ユーザーによる世間の声としては結果的にバイオハザードへのブランドイメージは良くなったという声が圧倒的多数だったということですねЯ!R

そして次に繋げられたとも仰っているのでこの次というのは次回作という位置付けであるバイオ2 リメイクを示している可能性もあるのではないでしょうかЯ!R

www.playstationlifestyle.net

また、バイオ7は低予算での開発でありながら500万本の売上も達成して当初の販売目標は達成となりましたЯoR

これらのことからバイオハザード 7 レジデント イービルは売上も評価もカプコンからすると成功だったと考えられると思いますЯ!R

 

上に書いたようにVR対応のFPSスタイルで出して欲しいという自分個人の希望もありますが、上記のインタビューの発言・売上・サバイバルホラーの新たなスタンダートと評された世界からの評価も考えると客観的に考えてもバイオ2のリメイクがFPSスタイルになる可能性は捨てきれないのではないかと思いますЯ

 

ただ、バイオ7とバイオ2 リメイクのスタッフが全て同じという訳でもないですし、FPSスタイルが2の作風とマッチするかどうかはわからないと思いますのでやはりゲームスタイルの予測は明確には不可能だと思いますЯ

リメイクなんだから初代リメイクの時と同じでオリジナル版に忠実な固定カメラになるのでは?という声もよく聞きますが、初代リメイク当時はバイオのスタンダートと言えば固定カメラって時代でしたよねЯ

しかしその後バイオ4からのTPSバイオ7からのFPSといった2つの新しいスタンダートが確立されている今になってからの2作目のリメイクになる訳ですから

今の若いゲームユーザー向けに今の技術で作るというインタビューでの竹内さんの発言も考えると、最近のバイオの2つのスタンダードのどちらか(TPSかFPS)になるのではないでしょうかЯ

自分を含めVRファンの人はやはり7と同じエンジンなんだからVR対応してくれ!って思う人も多いとは思いますが、開発開始時期も考えるとバイオ4のようなTPSスタイルになると思っておいた方が無難なのではないかなと思ってますЯ (予防線ЯwR)

 

ゲームスタイルがどうなっても、E3での発表があろうがなかろうが、REエンジンで開発しているという時点で自分はバイオ2のリメイク版にはかなり期待していますЯ!R

高くて安定したグラフィックパフォーマンスでプレイ出来るのは確かだと思うのでЯoR

今の技術で再構築されたバイオハザード2の世界を早く体験したいですねЯ!R

 

この推察はずっと言いたかったことなのですがなかなか機会がなくてЯwR

今回のE3を前に良い機会だと思って書かせて頂きましたЯ!R

とにかく開発状況に関して不安を感じている方に少しでも今の状況を想像する手助けになれば嬉しいなと思いますЯ!R

 

また、先日Rely On Horrorというサイトによってバイオ2 リメイクに関するリーク情報と称した情報が投稿され、その事に関しての自分の正直な考えも投稿させて頂きましたので宜しければこちらも併せてご覧ください↓

d-maddevil.hatenablog.com


スポンサードリンク
 

最後に

いろいろと妄想、考察、推察、推測、予想といったような不確定要素満載のことを書き綴りましたが、とにかくE3で毎回大きな動きはあるのは確かだと思いますЯ!R

新しい作品、続報、新しいサービス等ゲーム業界に大きな動きがあるイベントだと思いますのでЯoR

 

今まではこういった妄想等は自己完結していましたが今回はせっかくブログも建て直したこともありますし、思いの丈を語ってみましたЯ!R

とにかくE3が楽しみなことバイオ2のリメイクに関しては心配していないということが伝われば嬉しい次第ですЯ!R

本発表では何が起こるのか!?楽しみに待ちましょうЯoR

 

それでは!


にほんブログ村 ゲームブログ PS4へ  にほんブログ村 ゲームブログ PSVRへ にほんブログ村 ゲームブログへ 

にほんブログ村ランキングに参加していますЯ
ポチっと押して頂けると嬉しいですЯoR

 

著作権等:
© 2016 Ki/oon Music ©CAPCOM CO., LTD.
© Sony Interactive Entertainment Inc.